返済方法を比較する

キャッシングを利用する上で最も大切なことは、返済能力を超えるようなお金を借りないということです。

お金を借りるときは少しもたくさん借りられる業者の方が良いと考えがちですが、返済できなければ遅延損害金が発生して返済総額が増えてしまったり、最悪の場合にはブラックリストに掲載されて、これ以上お金を借りられなくなってしまったりします。

そういったことを避けるためにも、返済方法には注意をするべきなのです。

現在一般的に採用されている返済方法は元金定額返済方式、元利均等返済方式、リボ払いの3種類で、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どの方法を選ぶかは慎重に決めたいところです。

元金定額方式は元金部分は毎月一定で、それに加えて利息分を合わせて支払っていく方法です。

この方法だと毎月元金が一定のスピードで減っていくので早期返済が可能ですが、一方で借入残高の大きい時期ほど利息も高額になるというデメリットがあります。

一方、元利均等返済方式では毎月一定額の返済金額の中で元金部分と利息部分を一定の割合で返済していきます。

毎月返済額が一定だということで返済計画は立てやすくなりますが、返済初期ほど返済総額に占める利息部分の金額が大きくなり、元金定額方式よりも返済期間が長期化することがあります。

リボ払いは借入残高に関係なく契約時に決めた返済額を毎月返済していく方式です。

返済額が一定のため返済の見通しが立てやすいというメリットがありますが、その一方で返済期間が長期化しやすいというデメリットもあります。

返済期間が長くなればそれだけ支払う利息も増えるので、積極的に繰り上げ返済をするなどの工夫が必要になります。

キャッシングが認められ人気になっている理由

急にお金が必要になるという緊急事態に陥ることは、誰しも人生において一度や二度はあります。

そのような緊急時に、どこからお金を借りるのかを決めることはとても重要です。

誤った選択をしてしまうと、信用を失ったり、借金を増やすような事態にもなりかねないので、借り入れする方法や相手は予めきちんと考えておきたいところです。

かつてはこのようなケースでは家族や友人に借りるのが普通でしたが、近年は消費者金融、信販会社、それに銀行から借りる方が多くなっています。

これはキャッシングというサービスが世間的な知名度や信頼性を勝ち得たことが要因でしょう。

また、即日融資や一定期間の無利息融資、コンビニATMでの貸し借りや、インターネットからの申し込みなど、サービス面が充実して誰でも利用しやすくなったことも挙げられます。

また貸金業法が改正され、よりクリーンなイメージになったこともキャッシングが人気になっている要因です。

金利も法律で決められた範囲内にて貸し出しが行われ、利用者が無理なく計画的に返済できるようになっています。

仮に支払いが遅れたり、返せないような状態になってしまったりしても、貸金業者が厳しい取り立てを行うことも法律で禁止されているので心配する必要はありません。

逆に今はキャッシング会社に相談しさえすれば、支払期日を伸ばしてくれたり、複数社から借りている場合はおまとめローンを紹介してくれたりするなど、利用者がお金を返しやすい環境が整備されています。

関連サイト